Xcode6.xのStoryboardで画面遷移(モーダル)戻り方解説

welcomeToXcode

Sponsored Link


今日は日々画面遷移と戦っているあなたの手助けになればと遷移方法でモーダルを使っている時に戻るボタンがないってのを解消してみましょう。
作るものはこんな感じ

 

modal_back_GIF

 

まずはXcode6.xにて新規プロジェクトを作成します。
UIViewControllerだったらなんでもいいです。
Storyboardも使うんでSingleViewあたりですか。
modal001

私はmac proでやってるので画面でかいのは勘弁ってことで全て4-inchにして作業します。
それでは天下のUINavigationControllerを使いましょう。
まずは対象のUIViewContorollerを選択して
modal002

 

番号順にNavigation Controllerを選択するとNavigationControllerが出現します。
(私はこれも見にくいので4-inchに変更しています)

modal003
目標は3つのUIViewControllerのモーダルなので、次はこのViewControllerをあと二つ作ります。できたのがこちら

modal004
まだ個々のViewControllerはNavigationControllerとしか繋がっていません。
わかりやすいようにNavigationBarと背景に番号と色をつけました。

次に画面遷移のキッカケとなるボタンを配置していきましょう。
画面の中央に適当にボタンを置く、それがこちら

 

modal005

 

わかりやすいように適当にいじってるだけなのでボタンが置ければOKです。
他の二つも同じように置いて下さい。

modal006

出来たら次はいよいよ画面遷移です。
先ほど配置したボタンを次の画面とつなげます。

 

modal007

 

ポイントは特にありません。
ボタンからは control + ドラッグでshowを選びましょう
これはきちんと遷移できてるか確認する為です。
ミスするとこはないけれど切り分けできるようにしといた方がいいでしょ。

全てのボタンと個々のもつNavigationControllerが繋がったら一旦ビルドしてみましょう。

どうですか?真ん中のボタンを押すと右へ画面遷移しますか?
NavigationBarの左上を押すと戻れますか?

動作に問題なければ次に進みます。
modal008

画像のように現状showなのをshow Detailに変更しましょう。
残りも同じように変更します。

 

modal009

 

 

変更したらViewの数のファイルを作成します。
コード書かないと戻れ無いからね。
適当に右クリック>New File>でCocoa Touch Classを選択して任意の名前でUIViewControllerを作成しましょう。
二つできたらOKです。

 

modal010

最初から用意されているViewController Classを除いて(ここではSecondViewControllerとしていますが)任意のクラス名に変更してください。
modal011

できたら後は一瞬です。

普通に画面遷移する時に勝手に出現するあのBackボタンの場所にボタンをおきましょう。
普通にボタンでも問題ないです。

modal012

 

同じように3つめのViewもボタンをおきます。

 

modal013

そして作ったボタンとコードをひも付けます。

 

modal014

 

もちろんControl + ドラッグでConnectionはActionです。

 

 

これを書いたら完成!
modal015

もう一つのControllViewもきちんとコード書いたらビルドで見てみよう!

簡単でしょ

 

Sponsored Link
ツイートツイート

Xcode6.xのStoryboardで画面遷移(モーダル)戻り方解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です